トップページ » 製品内容

製品内容

那覇工場JIS認証書

naha_ninsyo1
(認証番号)GB0906010
(認証日)平成19年1月11日
(再発行)平成27年2月27日

表‐レディーミクストコンクリートの種類
コンクリートの種類 粗骨材の最大寸法(mm) スランプ
(cm)
呼び強度
18 21 24 27 30 33 36 40 42 45 曲げ4.5
通常コンクリート 20 8,10
12,15,18
21
40 5,8,10,12,15
舗装コンクリート 20,40 2.5,6.5

西崎工場JIS認証書

nisizaki_ninsyo1
(認証番号)GB0906011
(認証日)平成19年1月11日
(再発行)平成27年2月27日

表‐レディーミクストコンクリートの種類
コンクリートの種類 粗骨材の最大寸法(mm) スランプ(cm) 呼び強度
18 21 24 27 30 33 36 40 42 45 曲げ4.5
通常コンクリート 20 8,10
12,15,18
21
40 5,8,10,12,15
舗装コンクリート 20,40 2.5,6.5

特殊コンクリート

1.高流動コンクリート (過去5年間の実績 2,536m3

高流動コンクリートとは、一般にフレッシュ時の材料分離抵抗性を損なうことなく流動性を高めたものですが、その中でも振動締固め作業を全く行うことなく、重力の作用のみで型枠等の隅々まで材料分離を起こすことなく充填することが可能な高流動コンクリートを自己充填コンクリートといいます。
現在、高流動コンクリートは材料分離抵抗性を付与する方法により、次の3種類に分類されます。

  1. 粉体系高流動コンクリート
    セメント、高炉スラグ微粉末、フライアッシュあるいは石灰石粉末などの粉体系混和材を大量に使用し、材料分離抵抗性、流動性及び自己充填性を高めたもの。
  2. 併用系高流動コンクリート
    セメント、高炉スラグ微粉末あるいはフライアッシュなどの粉体系混和材を多量に使用するとともに、増粘剤を併用し、材料分離抵抗性、流動性及び自己充填性を高めたもの。
  3. 増粘剤系高流動コンクリート
    増粘剤を使用し、材料分離抵抗性、流動性及び自己充填性を高めたもの。

製造・取扱い会社 グレースケミカルズ株式会社

2.高流動性重量コンクリート

高流動性重量コンクリート使用材料としては、セメントに普通ポルトランドセメント、細骨材に天然砂・電気炉酸化スラグ、粗骨材に電気炉酸化スラグ、混和剤には高性能AE減水剤を使用し、密度の大きい電気炉酸化スラグを取入れることで気乾単位容積質量を2.9t以上を確保した、流動性にも優れたコンクリートで、ポンプ圧送においても150m以上の配管の使用実績のある高流動性重量コンクリートを沖縄県内で初となるコンクリートです。

通常、重量コンクリートの主な用途は、原子力発電施設、放射線医療施設、放射線研究施設などで使われる放射線遮蔽材であり、海岸の消波用ブロック、護岸提、重量機械基盤用コンクリートなどに使用されています。
今回の使用実績としては、地震・地盤の液状化による浮力対策にて使用した。

3.膨張材使用コンクリート (過去5年間の実績 15,610m3

膨張材は、セメントの水和反応、硬化体中の水分移動、硬化体の温度変化などによって生ずる体積変化を低減する目的で使用される混和材であり、セメント及び水と共に練混ぜた場合、水和反応によりエトリンガイト、水酸化カルシウムなどを生成し、モルタル又はコンクリートなどを膨張させる作用のある混和材です。

製造・取扱い会社 太平洋マテリアル

4.高強度コンクリート (過去5年間の実績 12,463m3

高強度コンクリートは、土木学会、JISS5、JIS A 5308で高強度の範囲が異なります。
土木学会では、設計基準強度(圧縮)が60N/mm2以上80N/mm2程度までのコンクリートを高強度コンクリートとしています。
JISS5では、設計基準強度が36N/mm2を超えるコンクリートを高強度コンクリートとし、また、JIS A 5308では呼び強度45N/mm2以下が普通コンクリート、呼び強度50、55及び60N/mm2が高強度コンクリートとして定めています。
高強度コンクリートは、鉄筋コンクリート造高層建築物において階数を多くしようとするときに、柱の軸力に対処するため必要であり、土木においては建設コスト削減の手法として、上部構造物のスレンダー化と基礎構造物への荷重軽減を目的として使用されています。

製造・取扱い会社 グレースケミカルズ株式会社

5.水中不分離性コンクリート (過去5年間の実績 1,381m3

水中不分離性コンクリートは、水中不分離性混和剤及び高性能減水剤(高性能AE減水剤、流動化剤、AE減水剤)の使用により、フレッシュコンクリートの水中への打込み時にコンクリート中以外の水の作用による材料分離に対する抵抗性を著しく高めたもので、次のような特徴があります。

  1. 水の洗い作用に対する抵抗性が大きく、水中を落下させても分離しにくい。
  2. 降伏値が小さく粘性が大きいため、材料分離を生ずることもなく高い流動性を発揮する。
  3. 高い流動性により充填性やセルフレベリング性が向上する。
  4. ブリーディングがほとんど生じない。
  5. 水中不分離性混和剤の種類、添加量、セメントの種類によって凝結時間が長くなる。

製造・取扱い会社 太平洋マテリアル