トップページ » 企業情報

企業情報

当社は、コンクリート技士など多くの有資格者のもと、多種多様なコンクリートを提供した実績を有しております。また、常にお客様に信頼される安心・安全なコンクリート造りを目指すため、日々挑戦続ける会社です。

ご挨拶

平成11年に株式会社國場組グループの一員として設立された株式会社沖縄生コンクリートを前身とする当社は、以来、沖縄本島中南部においてコンクリートの製造・出荷実績を積み重ねて参りました。

そして、平成27年2月、お客様の多様なニーズにお応えすべく社名も新たに再スタート。高品質なコンクリートの安定供給と特殊コンクリートのラインアップ充実に取り組んでおります。

沖縄県では、台風や強い直射日光といった気候風土、歴史・文化的な特性からコンクリートが広く活用されています。強度や耐久性に優れ、剛性の大きいコンクリートは県民に安全・安心、快適さをもたらすものとして、くらしに欠かせない建設資材となりました。

当社は沖縄の美しい街づくりに貢献すべく、コンクリートの品質の維持・向上に努めることはもちろん、当地に適したさまざまな特殊コンクリートを開発・提供して参りますので、なお一層のご愛顧を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

代表取締役会長兼社長 亀谷浩

経営基本方針

  • ①社内標準化及び全体的品質管理の推進
  • ②顧客及び社会が要求する製品品質への対応
  • ③顧客に信頼される高品質な製品の安定供給
  • ④製造技術革新、技術力の研鑽
  • ⑤産業廃棄物の減量化及びリサイクルの推進
  • ⑥工業組合、協同組合への協力体制の推進

会社概要

会社名 株式会社沖縄コンクリート
設立 平成27年1月
株主 株式会社國場組
グループ企業 國場組グループ
決済月 6月
従業員数 58名 ※平成29年7月現在
役員 代表取締役会長兼社長 亀谷浩
取締役 内間耕
取締役 仲本恭宜
取締役 與儀公
取締役 与那嶺惠伸
取締役 安次嶺忠
監査役 島仲哲也
営業種目 生コンクリート等製造販売
建築用資材の販売及び施工
前各号に付帯または関連する事業
日本工業規格 那覇工場 GB0906010
西崎工場 GB0906011
取引先銀行 沖縄振興開発金融公庫、沖縄銀行、海邦銀行、琉球銀行
取引先 沖縄県生コンクリート協同組合
沖縄県生コンクリート工業組合

沿革

11年12月 株式会社國場組全額出資(資本金1,000万円)の生コンクリート製造会社として、株式会社沖縄生コンクリートを設立
12年10月 株式会社朝日コンクリート工業及び中央コンクリートを吸収合併、同年12月、沖縄県生コンクリート協同組合および沖縄県生コンクリート工業組合に加盟、那覇工場・読谷工場にて操業開始
16年2月 糸満市西崎町に西崎工場開設、操業開始
16年6月 資本金を3,000万円に増資
16年10月 読谷工場閉鎖
17年1月 那覇市久茂地から糸満市西崎町へ本店移転
17年6月 資本金を5,000万円に増資
20月9月 資本金を1億4887万5千円に増資
24年6月 株式会社オゥ・ティ・ケイに吸収合併
26年11月 株式会社オゥ・ティ・ケイ子会社の沖通運輸株式会社にて
21tセミトレーラーダンプを導入
27年1月 株式会社國場組全額出資(資本金1,000万円)で株式会社
沖縄コンクリートを設立、株式会社オゥ・ティ・ケイから
生コン事業を譲受
27年10月 早期交通開放型舗装コンクリート「1DAYPAVE沖縄版」を開発
27年11月 県内で初めて高流動性重量コンクリートを出荷